×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

野付ツーリング

2003年3月31日 晴れ 気温 3度位

 そろそろバイクの虫が騒ぎ出した。特に今日は天気が良かったので我慢が出来ない。ブースターでエンジンを掛けたら、どこかへ出かけたくなった。

 その時ちょうど羅臼の友人から「野付のネイチャーセンターに行かない?」と電話が。勿論OK! 流氷を見ながら南へ走る。

 途中鹿と接触すると言うハプニングも合ったが、お互い無傷でホッ。ネイチャーセンターから見たトドワラはまだ氷で覆われていた。

 この日はもの凄く見通しが良く、ここからでも知床連山がくっきり見えた。
 帰る途中パーキングで休憩。いつも羅臼から見るのとは違う形の国後島が見えた。


 その後友人達と別れて一人中標津へ。買い物に夢中になって帰りが遅くなってしまった。路面が凍る前に羅臼へ! しかし夕日が余りにも綺麗だったので思わず停まる。

 まるで山が燃えている様だった。この後路面が凍る前に無事帰宅。

 流氷を見ながらのツーリングは最高! ただし最初の30分だけ・・・
整備しながら汗をかいていた&余りにも天気が良いのでなめていて、最初はメッシュグローブで走っていた。
途中からオーバーグローブにしたが、指先からどんどん冷えていく・・・
途中道の左側に鹿が沢山居る所が合ったので注意して走っていたら、気づいたら右前方に鹿が!
同じ方向に併走する感じで、だんだん斜めにこちらに寄ってくる!
どうやら私を抜いて前を横切りたいらしいのだが、スピードが違う。ぶつかる!
死ぬ!?と思った時、鹿が減速したので、バイクの右側面、私の右足に接触しただけで済んだ。
鹿はそのまま私の後ろを走って森へ消えた。
直後は興奮していたのだが、しばらくしてから背筋がぞ〜っとした。
野付のネイチャーセンターに着いた時には、腕は肘まで冷え切っていた。
野付での用事を済ませた後は、友人達と別れ一人中標津へ。
防寒用に履いていた合羽のズボンの裾がめくれて寒かったので、
百円ショップである物を購入、その場で改造して裾がめくれないように工夫。
後日改良が加えられ、こんな物が出来上がった
その後羅臼に向かったが、日が暮れた途端急に寒くなった。
日中でも日陰部分は凍っていたりしたので、早く帰らないと他も凍る!
途中写真を撮ったりしたが、何とか無事到着。
やっぱりバイクは良いね!

戻る