ストーブ(バーナー)

私が北海道に持って行くならコレだ!

 ガソリンよりガス
ガソリンストーブと言うのは、物にもよるが、大抵使う前に儀式が必要だったりする。プレヒートと言って、あらかじめ火を点けて暖めたり、ポンプをピストンして、ガソリンに圧力を掛けたり。それはそれで楽しいからから良いんだけどね。しかし、ガスならプレヒートもポンピングも不要なので、目覚めの紅茶(コーヒー)がすぐに飲める。このガスの利便性を生かすために、買う時は自答着火付きの物がオススメ。しかし、ガスがちょっと高いし、どこでも売っている訳ではないので、燃料が切れたとき不安。カセットガスが使える物はその点最強。ただし、寒い時期は全く使えないのでそのつもりで。まあ、そんな時期に北海道でキャンプしないと思うが。ガソリンだとバイクの燃料と併用出来るので、その点は便利。でも、バイクから抜くのが結構面倒だったりする。友人はシャンプーボトルを改造してポンプを自作していたなぁ・・・。すぐガソリンに犯されて使用不能になってたけど。バイクに専用のコックを付けた人も居たが、これは便利そうだった。ホワイトガソリン専用の物は燃料が高いし、バイク用のガソリンは使えないので、私はバイクツーリングには余り向いていないと思う。(ホワイトガソリン専用と書いてあってもバイクのガソリンが使えたりするのも有る) 冬場など寒い時期は絶対ガソリン。でも、ガソリンは弱火が効かない物が多いので、買う時は注意が必要。私のMSRスイスパーライトは「強火」と「超強火」しか出来ず、米を炊くのに大変苦労した。セラミックの網等を敷いて調節すればちょっとマシ。今欲しいのは(結局ガソリンも欲しいのだ)MSRのドラゴンフライか、スノーピークの新しい奴かな。
 ヘッドは大きい物を
ヘッドって言うのは、炎が出る部分の事。そこが小さいと炎が集中してしまい、炎が当たった部分だけ焦げてしまったりする。ヘッドが大きいと炎が分散するので、わりと焦げにくい。ただし、大きすぎるとシェラカップなど小さい物載せた場合、炎が底に当たらず暖めにくいので注意。その点ヘッドが小さい物は小さい容器を火に掛けられるので、自分の食器に合わせて購入するのが良いかも。
 ゴトクも大きい方が良い
やっぱり大きい方が、物を置いた時に安定する気がする。大きいと言っても外周しか無い物があって、シェラカップが平らに置けなかったりするので(その場合は金網でも乗せれば良いのだが)、小さな物から大きな物まで安定して置ける物がベスト。
 でもなるべく小さくて軽い物を
以上の性能を持つ物で、なるべく小さく収納出来て軽い物がベスト。しかも安かったら最高! でもそんな物は無いか・・・
 風よけは100円
純正で風防が元々付いていたり、別売されていたりする物があるが、無い場合は台所用の「天ぷらガード」がオススメ。一体式だとタンクが暖まって危険そうだが、私は別体式を愛用しているので、鍋とバーナーをキッチリ隙間無く囲ってしまい、洗濯ばさみで固定しておけばOK! 風よけ以外の用途としては、ランタンのリフレクターにもなって便利。仕舞うときはサイドバッグとそのレインカバーの間に入れておけばOK。無くなっても財布は痛くない!
 分離型が好き
ガス、ガソリン共に、分離型が好き。下にタンクが無い分低いので、重い鍋を置いても安定する気がする。人数が集まると無駄にデカイ鍋を使ったりする事があるのだ。仕舞い寸法はどちらもそれほど変わらないかも。スモークちゃんでスモークをする時は、分離式でないと危険。
 火力は特に気にしなくても良い
訳の分からない怪しい物を使っていた時期も有ったが、火力が足りなくて困った事は無い。だからあまり気にしなくて良いと思う。ただし冬場は別。ガソリンじゃないといつまで経ってもお湯が沸かない。パワーブースター付きのガスは、冬でも使えます? ちなみに、ちょっと意外に思うかも知れないが、夏場なら火力はガスの方が強い(多分)。以前私のMSR(プレヒート時には天井焦がすぜ! 燃焼音は迫力満点だぜ!)と、パチモンカセットコンロ(多分ガス検通ってないぜ! 一酸化炭素中毒起こしそうになったぜ! 値段はMSRの7分の1だぜ!)を使用し、同量の水をどちらが早く湧かせるか実験してみた。するとなんと、パチモンガスコンロの方が早かったのだ。

おまけ
 私の使ってるストーブ
MSR ウイスパーライト
画像は最近のタイプ(MSRから借りてきた)で、振るとジェットの詰まりが取れるギミックが組み込まれているが、私のは古いので無い。白ガス用なのだが、一度も白ガス入れた事が無い。その為かしょっちゅう詰まるのだが、いちいち針を突っ込んでつまりを取るので面倒だ。また、最近の物はポンピングする所が回転するのだが、私のは固定されているので、うっかり捻ろうものなら分解してしまい、夜など飛んだ部品が見つからずにとてもあせる。プレヒートも赤ガスでやるので、いつもすすで真っ黒。以前はこれで米を炊いたりしていたが、強火か超強火しか出来ない為、とても大変なので、最近はガスストーブの方が出番が多い。しかし、冬場はキャンプに釣りに大活躍。北海道ツーリング等の思い出もあるので愛着があり、大事に使っている。
コールマン peak1ストーブ
コールマンはキライ(みんな使ってるから)なのだが、安かったので買ってしまった。他メーカーの分離式だと1万円近くするから、3980円は安い。(後日1980円で投げ売りされているのを発見し悔しい思いをした。2001.7.22 アルペンで1980円で販売中!)自動着火も付いているし、布のケースも付いてくる。釣りやキャンプには必ず持って行って使っているが、耐久性も全く問題なし。ガスの分離式が欲しかったらコレはお勧め。
ちなみに写真では怪しいアダプターでカセットボンベを使用しているが、全く問題無い。大事な所がコッフェルで隠れて見えずにすみません。

スノーピーク 地
自転車ツーリング用に購入。とにかく小さくて軽いのが欲しかった。
バルブをゆるめた状態じゃないと収納できないのだが、
ガスボンベを取り付ける際は、必ずバルブを閉めたか確認する事。
ゴトクが小さいけど、このコンパクトさの前では無問題。
バイクツーリングでも使うようになってしまった。

戻る