×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

キャブレターの清掃
2000.4.2
取り付けの事は考えないようにして、
さっさと外してしまった。
フレームとの隙間がギリギリで、なかなか外れない。SMには書いてないが、ワイヤー類を固定する金具を取って何とか外す。ゴミが入らないようティッシュを入れておいた。


画像ではそうでもないが、実際はとても汚かった。
まずは外側のお掃除。パーツ&キャブクリーナーで洗うと、洗浄液がこんなに真っ黒に。アンモニア系のクリーナーはさすがに良く落ちるが、臭いが強い。 中は意外なほど綺麗。でも空気の通り道が真っ黒。


洗浄後、再び2つを合体。シックネスゲージを使って、同調を取ってみたが、駄目だったようだ。
インシュレーター装着は意外にも楽で、2回目の挑戦ではまった。 エンジンも無事始動、ほっと一息。

今回の反省
キャブのOHをするのに、分離する必要は無い!よく見たらSMにも書いてあった・・・
やはり専用の道具がないと同調は取れないらしいので、ご自分でやろうと思っている方はお気を付けて。

ESCO エスコ /840ML パーツクリーナー
ESCO エスコ
/840ML パーツクリーナー
SOFT99 ソフト99/ジーゾックス インジェクション&キャブクリーナー
SOFT99 ソフト99/ジーゾックス
インジェクション&キャブクリーナー
SUZUKI スズキ/キャブクリーナー(泡タイプ)
SUZUKI スズキ/
キャブクリーナー(泡タイプ)


戻る