×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

KRAUSER トップケースステー 作製
2005.5.13

ヤフーオークションでKRAUSERのパニヤフルマウントセットを落札した。早速車種別アタッチメントを購入したのだが、サイドケースは付いたものの、トップケースは別にトップケースキャリアを買う必要があるとか。約12000円と高いので、自作する事に。

15oのプラスチックまな板を、純正キャリア(奥の赤い物)の代わりに固定。固定ボルトは純正を使用。ボルトの頭が上面と面一になるように。タンデムグリップ部分が出っ張っているので、その部分の曲線を切り出すのが面倒。
ケースホルダーを下からねじでまな板に固定。まな板がはみ出すとトップケースが付かないので、はみ出さないようにギリギリでカットした。

トップケースを付けるとこんな感じ。前に付けすぎてケースのグリップをシートの上に乗せないと固定出来ないが、とりあえず問題無し。
後方から見るとこんな感じ。
完成。1万円節約成功。

アフリカツインMLの方で、プラスチックまな板を使用して大型キャリアを作っている方が居たので、それを真似した。
使用したプラスチックまな板は230×410×15(o)で約800円。長辺は余るが、短辺はもう少し長い方が良かった。
厚さが13oのだと半額で買えるのだが、強度を求めて高い方を買った。本当は20o位欲しかったのだが見つからなかった。
まな板は柔らかいのでボルトをねじ込んで行くと凹んでしまってあまりトルクは掛けられない。強度的にちょっと不安だが、今のところ大丈夫。


KRAUSER クラウザー/K2 サイドマウントセット(含アタッチメント)
KRAUSER クラウザー/K2 サイドマウントセット(含アタッチメント) アフリカツイン


戻る