×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

クラウザーステー改造
2007.10.7〜

事故に遭った。
駐車していた車がUターンしようとして、急に道を塞いだのだ。
ブラインドコーナー出口の危険な場所で、100:0で私に非は無い。
左側面から、左膝とサイドケースに衝突。
そのまま右に押し出されたが、縁石ギリギリで耐え、なんとか転倒は避けた。
もう少し強くぶつけられていたら、縁石にタイヤを取られて転倒し、ガードワイヤーの向こうに落下、もしくはワイヤーに足を削られていたかも。
左膝を強打し、しばらく膝が痛かったが、命に別状は無し。
同じ日にノリックが同様の事故で亡くなっている。私は運が良かった。

事故直後。紅葉がピークの日だった。紅葉を撮りにきたカメラマンが焦ったようだ。 相手の車の損傷状態。私の膝も凹むってもんだ。
ケースはぼろぼろに。でもこの程度ですんだので、クラウザーのケースはかなり強度が高いと言えるだろう。ステーも曲がってしまったが、ほぼ原型をとどめていた。 シートレールが曲がってしまった。タイヤのセンターと比べると、フェンダーが右にずれているのが判るだろうか。シーレールが曲がる程ぶつけられて、転倒もせず、膝が痛い程度で済んだものだ。

ステーが曲がってしまったので、他の所を修理するついでに、ギリギリまで幅を狭めてもらった。

左下のステーも改良しました。
サイドカバーを回避するため、ステーの長さはなんと31pもありました。サイドカバーを破損する位、左右にグラグラ動いていました。
サイドカバーが無くなったので短縮が可能に。
短いステーをグリップのボルトに共締めし、丁度良いカラーが無かったのでワッシャを使用しました。
ぶれが全く無くなり良い感じです。

○フレーム修正以外の修理とステーの改造は、中標津のバム金沢さんにお願いしました。
 サイドカバーはこの際付けない事にし、ギリギリまで幅を狭めてもらいました。
 どの位ギリギリかというと、トップケースを外さないとサイドケースが外せない位。
 実はトップケースも付かない位になってしまったので、トップケースのステーを嵩上げしてあります。
 幅は一番広い所で約78p。ハンドル幅が895oなので、すり抜けも楽になりました。

○フレーム修正はLEGOさんにお願いしました。
 Fフレーム測定         30,000円
 シートレール修正        20,000円
 ハンドルストッパー修正    15,000円
 消費税              3,250円
                 合計68,250円
 
 ついでに足回りやステアリングのベアリングを全て交換してもらいました。
 とても格安で修理していただいたので、文句を言うのはなんだか申し訳ないのですが、
 ×ハンドルストッパーはいじった様子無し(手数料だと思えば全然納得する額なので問題なし)
 ×ボルト、ワッシャの紛失各1
 ×ETCの配線がぐちゃぐちゃに
 ×ヘッドライトのロービームのリレーの配線が切断(私がしたHIDの取り回しが悪かったせいもあるかも)
 ×スピードメーターの取り回しの間違い<間違えるとワイヤが切れるのだ(体験済み)
 ×配送の手配に2ヶ月位かかった(HPは有るもののパソコンはド素人で、業者の検索が出来なかったみたい)
 ホントはお礼に羅臼の魚をお送りしようと思っていましたが、やめました。
 お店が那須に移って、ちょっと腕が落ちたような気がします。 スタッフが替わったみたいなので、そのせいかな?
 冬の間数ヶ月預かってもらったり、配送をお願いしたりと、私もかなりめんどくさい事をお願いしていますので、
 この内容でも十分に満足しています。
 とっても良いお店だったので、また元に戻って欲しい、と言う思いを込めて、あえて苦言を書かせて頂きました。


○結局保険会社とのやりとりが全て終わったのは翌年の6月だったかな?


KRAUSER クラウザー/K2 サイドマウントセット(含アタッチメント)
KRAUSER クラウザー/K2 サイドマウントセット(含アタッチメント) アフリカツイン



戻る